Funeral

費用を知る

大切な人が亡くなった時には、葬儀などを行いますが、事前に費用などをしておく事が大切です。葬式には各項目ごとにお金がかかるものです。祭壇・棺・遺影・霊柩車・ドライアイスなど項目ごとに費用が設定されていて、その合算がお葬式の費用として請求されます。一般的には葬儀社に支払う費用をお葬式の費用とし、火葬料・火葬場での飲食費は別途請求となる場合もあります。葬儀社が一旦建替えておき、後日お葬式にかかった費用と合わせて請求となるケースも少なくありません。葬儀社から見積もりをもらった際は、このほかに発生する可能性のある費用についてあらかじめ尋ねておくと安心です。なお、お葬式には地域によって風習が違いますが、全国的には100万円から150万円程度が平均価格となっています。地域によってはより高額で平均でも200万円を超すというケースも少なくはありません。

お葬式にかかる費用は非常に高額です。会葬者の香典もお葬式費用の足しにすることができますが、先述したように人数が多いほどお金がかかるためあまりあてにはできないのが実情です。そんな中、お葬式を出す予算がない、費用を出来るだけ抑えたいという費用面での希望は近年急速に増加しています。できるだけ費用をかけないお葬式に関しては、葬儀社でも様々な取組みがなされています。十数万円でも葬儀を可能とするプランを持つ葬儀社も急速に増えています。 また、仏教でのお葬式が多い日本では、お葬式以外の面でも多額の費用が発生します。お布施や心付けと呼ばれるもので、通夜やお葬式をはじめ、住職にお経をあげてもらった際に支払うお金です。近年では菩提寺が遠方であったり付き合いが希薄化しているという方のために、お葬式のために住職を用意してくれる葬儀社も増えています。その場合金額体系も明確ですので、お葬式全体での費用を見る際には大変便利です。