Funeral

相続を考える

遺産相続争いを未然に防止するためには、遺言作成が重要となります。

遺産相続によって、家族で争いが起こらないようにするためには、遺言を残すことが大切になります。被相続人の遺言書がない場合には、民法の規定に基づいた基準をもとにして、相続人間の協議によって遺産分割が行われます。 そのため、相続人間の協議が不調となった場合には、親族間の争いが生じる場合があります。 また、法律的な相続権のない方への遺贈も遺言書があれば可能となります。 遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言などがあります。 遺言作成に際しては、法律的な知識が必要となる場合があり、内容を具備していない場合には、遺言書そのものが無効となる場合があります。 遺言作成については、法律の専門家である弁護士に依頼する方法が効率的です。

相続税法の改正により、相続税の課税対象となる方が増加します。

平成27年1月以降の相続については、改正された相続税法が適用されます。 これまで相続1件当たりの基礎控除は5000万円でしたが、これが3000万円に引き下げになりました。 また、相続人1人当たりの控除額1000万円は、600万円に引き下げになっています。 相続人が4人の場合であれば、遺産総額が9000万円までは相続税はかかりませんでした。 これが平成27年以降は、5400万までに引き下げられています。 この相続税の改正により、相続税の課税対象となる方は増加することになります。 相続税の申告に際しては、各種の特例措置があります。 そのため、特例措置が適用となるよう、誰にどのような財産を相続させるかの遺言作成が重要となってきます。