Funeral

一般的なスタイル

共同体での葬儀が一般的

現代では、時代の流れとともに会場を借りて行う葬儀が増えていくと同時に、核家族化の進行や近所関係が希薄化したこともあり、そうした共同体による葬儀は次第に数が減っていくこととなります。今では地方の一部地域にのみ残る風習です。 会場を借りて葬儀を行うようになってからも、日本では家族・親戚・友人知人をはじめ、会社関係など故人やその遺族とかかわりのある様々な方々が参列するかたちが一般的です。一般葬と呼ばれるそうした葬儀のほかにも家族葬や密葬といった小規模での葬儀もあります。一般葬に比べると数は少ないものの、近年ではこうした小規模葬も注目を集めています。

これからの見通しについて

小規模での葬儀が注目を集めるようになったのは、核家族の定着など社会的要因もありますが、近年では特に費用面が関係しています。費用をかけたくない・節約したいという遺族側の要望が増えていて、一般葬に比べ費用が抑えられるため、小規模での葬儀を選択するという方が増加しているのです。葬儀社側でもそうしたニーズをくみ取り、格安で執り行えるかたちとして家族葬を紹介したり、家族葬専用プランとして格安な葬儀を紹介していることもあります。 また、終活の一環として、自らのお葬式予約を生前に行うという方が増えているのも格安化の原因となっているという見方もあります。こうした費用面を重視する流れは今後もなくなることはないため、業者間での価格競争は今後も続くとみられています。